日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

奈良県「うだ・アニマルパーク」25日開園

 動物学習など多彩な施設  奈良県が動物受験の普及啓発を目指して準備を進めていた「うだ・アニマルパーク」(宇陀市大宇陀区竹 下、古附、面積13.7ha)が25日開園する。同パークは県畜産技術センターの大家畜(牛)が移転したことに より、県が敷地の有効活用を図る目的で、2001年度から事業を進めてきたもの。総事業費は38億7,300万円。 25日10時から開園式を催す。 同パークは13.7haを大きく「都市公園ゾーン」「動物愛護センター」「畜産技術センターゾーン」の3つの ゾーンに分けて整備。動物の学習や動物とのふれあい体験のほか、県内外の人たちにレクリエーションの場 を提供している。主な施設は次の通り。 ▽都市公園ゾーン 動物学習館、動物飼養体験舎、鳥獣保護施設、展望広場、自然生態園など。 ▽動物愛護センターゾーン 事務・飼養棟、臨床、管理棟、犬の訓練広場など。 ▽畜産技術センターゾーン 豚舎、鳥舎、養尿処理施設(乾式メタン発酵施設)など。 動物学習館では、畜産動物・野生動物・伴侶動物(犬や猫など)のコーナで、人と動物が大切な関わりを持 って生きていることを、展示やゲームを通して学べるというもの。また、畜産物加工体験など、様々な趣向 をこらしている。開園時間は9時から17時まで。利用料は無料(畜産物加工体験は材料費が必要)。

2008年04月22日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.