日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

(仮称)水と緑の健康都市小中一貫校整備等事業、2グループが入札参加

 予定価格27億2,191万円  大阪府では、PFI事業で実施する「(仮称)水と緑の健康都市小中一貫校整備等事業」の入札を22日に実 施した。参加したのはUFJセントラルリースグループとサンヨーPFIインベストメントグループの二グル ープ。両グループの提案書を受付、今後、提案内容についての審査を行い、12月中旬に落札者を決定する。予 定価格は27億2,191万8千円。 入札に参加したのは、ユーエフジェイセントラルリース社を代表企業に、戸田建設大阪支店、NIPPOコー ポレーション関西支店、栗本建設工業、ビケンテクノを構成員とするグループと、代表企業にサンヨーPFI インベストメント社、構成員を南海辰村建設、生和建設、コーナン建設、富国建設、合人社計画研究所、ジャ スとするグループ。 この事業は、箕面市北部丘陵に長寿社会に対応したニュータウンとして建設する水と緑の健康都市(計画戸数 2,900戸)で、同市上止々美地区での児童数増加に伴い、同ニュータウン内に小中一貫校として小学校と中学 校を整備するもの。 整備はPFI事業として事業者が施設整備を行い、建物完成後は所有権を大阪府に移転し、事業期間中は維持 管理業務を行うBTO方式で実施する。今年8月に入札が行われ、一旦は事業者が決定したものの事業者が参 加資格を喪失したことから今回、再入札として実施した。 入札は総合評価一般競争入札(WTOルール)で行われた。今後の審査では、VE提案に伴う設計変更や建 設、工事監理業務の「施設整備業務」と「維持管理業務」の提案と価格面について行われる。

2006年12月01日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.