日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

淺沼組大阪本店安全大会 実効ある安全活動を

(株)淺沼組大阪本店(大杉静男本店長)の「第40回安全大会」が20日、大 阪市中央区の府立女性総合センターで開催された。大会には、大杉本店長は じめ役職員、並びに協力会各社の代表ら約270人が参加して、ゼロ災達成への 決意を新たにした。 大会では、初めに大杉本店長が挨拶。大杉本店長は、厳しい経営環境下で は、「リスク管理と事故の未然防止が必要であり、リスクアセスメントに基 づく危険予測型の安全管理が求められる」とし、今年度の目標達成に向け、 店社と作業所、協力会が一体となって活動を推進しながら、「一人ひとりが 安全意識の高揚と定着を図り、実効ある災害防止活動を展開してほしい」 と、一層の努力を要請した。 次いで、同本店安全衛生協力会の遠藤芳示会長が、他産業に比べ、なぜ建設 現場で労働災害が多いのか今一度考えようーと問いかけながら、「安心して 余裕を持てる作業環境を目指して努力していこう」と呼びかけた。来賓祝辞 では、大阪中央労働基準監督署の新川静男署長が、災害発生要因として「依 然として墜落・転落が多い」と指摘しながら、労働局が推進する現場所長安 全宣言運動の普及と展開を要請し、「トップから所長までが危険とリスクを 摘み取りことが安全確保の基本であることを示し、それを全員に理解させて ほしい」と今後の取り組みに期待を寄せた。
大会ではこの後、安全宣言と安全表彰のほか、特別講演などが行われた。
2008年06月26日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.