日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

プロロジス、物流施設「プロロジスパーク岩沼?」起工式を挙行

プロロジス(日本本社=東京都港区)は11日、マルチテナント型(複数企業 向け)物流施設「プロロジスパーク岩沼?」の起工式を宮城県岩沼市岩沼臨 空工業団地内の建設予定地で執り行った。起工式には、同社の山田御酒・プ レジデント兼日本共同CEOはじめ、岩沼市の井口経明市長、設計・施工担 当の西松建設から齋藤義信代表取締役副社長などの関係者らが出席し、工事 の無事と今後の事業発展を祈願した。
同施設(岩沼市空港南3−2−35他)は、同社にとって宮城県内初のマルチテナント型施設新規開発プロ ジェクト。仙台空港から約2?、仙台市中心部からは約13?、仙台港から約18?の岩沼臨空工業団地内に建 設されるもので、敷地面積4万5,704?、S造地上2階建て、計画延べ4万3,867?規模を有し、仙台東部道 路仙台空港ICからも車で数分と陸・海・空のアクセスに優れている。 搬出入の際のスピードと諸作業の効率向上に重点を置き、1階には南北で計92台のトラックバースを設置し て荷捌きスペースを十分に確保、荷物用エレベーター八台、垂直搬送機を16台設置して搬出入作業がスムー ズに行える計画としている。8区画までの分割利用が可能で最大八社までの利用が可能。1区画約4,300?か ら5,300?で、区画ごとに独立したエントランスやオフィススペースを設けられる。   た、広い敷地内には建物外周に大型車両が走行可能な車路を整備し、トラックの待機スペースも十分に確保 するほか、従業員のための乗用車用駐車場などを確保し、利便性の向上や快適な職場環境を提供できる物流 施設として機能していく。 同施設の着工は2008年3月、竣工は同10月の予定。なお、同社では同施設に隣接する敷地約3万6,625?にプ ロロジスパーク岩沼?を、また宮城県黒川郡富谷町にプロロジスパーク冨谷?の開発計画を進行中で、それ ぞれ入居企業を募集している。 プロロジス http://www.prologis.co.jp/
2008年03月31日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.