日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

大阪府建設業振興策研究会 大阪高専で講演会を開催

 現場所長が体験語る  大阪府建設業振興策研究会では、建築系学生を対象とした講演会を31日、寝 屋川市の大阪府立工業高等専門学校で開催した。講演会では、「建設工事現 場とは!」をテーマに、現場監督による経験談、現場の知識などについて、 榎並工務店建築部の井浜章太郎次長が講演、同校建設工学科の4年生ら約30 名が耳を傾けた。 講演で井浜次長は、入社後の自身の経歴を語りながら、建設会社の仕組みか ら現場の流れ、工事の種類などについてを解説。この中で、現場所長として 携わった1日のスケジュールを説明しながら「工程管理の上でも自らの体調 管理は大事なことだ」と体験を踏まえながら指摘した。また、昨年同社に入 社した社員へのインタビュービデオを上映。学生時代との生活環境の違い、 仕事上で楽しかったことや苦労したことなどが紹介された。自身について井 浜次長は、「仕事は自己実現を得るための手段」とし、そのためには▽目標 を持とう▽チャンスを活かそう▽一生懸命ーをモットーに実践してきたこと を語った。
自らの目標として井浜次長は、「資格取得を目標とした」とし、入社9年で1級建築士の資格を取得したと ことについて、「会社が与えてくれたチャンス、自ら求めたチャンスを活かした」ことによるものだとし た。 最後に井浜次長は建設業について、「しんどさや苦しさがある反面、やりがいや達成感のある仕事だ」とし ながら、学生に対して、「会社で成長し、自己実現をしてほしい。入社後は3年間をひとつの目標に、学生 時代とのギャップを感じながらやっていってほしい」と先輩としての言葉を贈った。 大阪府建設業振興策研究会は、大阪府と社大阪建設業協会、社大阪府建団連、社大阪電業協会、社大阪空気 調和衛生工業協会、社大阪府中小建設業協会で構成。建築系学生らによる現場見学会などを実施しており、 今回の講演会は、同校の授業として実施された。
2008年02月04日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2017 nikken-times.com All rights reserved.