日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

BCS賞受賞作品見学会 佐川美術館と平等院ミュージアム

 学生34名が参加  (社)建築業協会関西支部(淺沼健一支部長)は8日、建築系学生を対象とし た「BCS賞受賞作品見学会」を開催した。同支部技術専門委員会(委員長 =釼吉敬・大林組本店建築生産技術部長)が企画したもので、10回目となる 今回は「佐川美術館(滋賀県守山市水保町北川2891)と「平等院ミュージア ム鳳翔館(宇治市宇治蓮華116)を見学した。 京阪神の大学から建築系の学生ら34名が参加した見学会では、まずはじめに 主催者を代表して釼吉委員長がBCS賞の概要などを説明した後「施工当時 に携わった方の話を聞ける貴重な機会。設計や施工技術に関しても興味を持 ってほしい」と挨拶し、見学会の成果に期待を寄せた。 見学会ではまず、佐川美術館(第41回・2000年受賞作品)を訪問。比叡山、 比良山と琵琶湖を望む環境に位置する同館は、S造地上2階建て、延べ5,833 ?の規模。和の印象を重視し、モノトーンを基調としており、切妻造の二つ の大屋根が確かな存在感を与え、同館の象徴として周辺の風景と一体化して いる。
佐川急便創業40周年記念事業の一環として開館したもので、建築主は(財)佐川美術館、設計・施工は竹中工 務店、竣工は1998年3月。なお、同館では今年9月、50周年記念事業の2期工事として樂吉左衛門館(RC 造地下2階地上1階、延べ2,111?)を新設している。 続いて一行は、2002年度に受賞した平等院ミュージアム鳳翔館を訪れた。同館は、国の史跡名勝地に指定さ れ、世界遺産にも登録されている平等院の国宝等の収蔵環境を改善するため、2000年2月から2001年7月に かけて建設されたもので、建築設計は栗生明+栗生総合計画事務所、施工は大林組が担当した。 平等院は、年間70万人を超える拝観者を迎えることから、同館でも拝観順路の混乱を起こさない一筆書きと なる動線に、さらに鳳凰堂を取り巻く景観保全を第一に考えられ、鳳翔館では建物のボリュームの大半を地 下に配置しており、規模はRC造・S造(1階)FR鋼、地下1階地上1階、延べ2,297?。 学生らは佐川美術館、鳳翔館いずれも当時の施工担当者の案内に耳を傾けながら、カメラを片手に熱心に館 内を見て回っていた。
2007年11月12日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.