日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

近畿地方整備局管内の18年度末整備状況

    近畿の下水道普及率は、全国平均を上回る83・4%       近畿地方整備局はこのほど、管内(2府5県)の平成18年度末下水道整備状況をまとめた。   それによると、汚水処理に係る下水道処理人口普及率は、全国平均70・5%を上回る83・4%となり、平 成17年度末から平成18年度末の1年間に1・2%アップした。処理人口は約1、792万人。福井市の総 人口にほぼ匹敵する約26万人が新たに下水道を利用できるようになった。 平成18年度には、奈良県平群町で下水道の利用が開始されている。これによって近畿での普及率が80%以 上の都市は、222市町村のうち86市町村となった。   府県別にみると、大阪府の普及率は1・4%アップし90%の大台に達した。 その一方、和歌山県の普及率は16・0%と、47の都道府県で46位と依然低い状況にあり、府県間で大き な格差が生じている。 また、人口5万人未満の市町村は57・4%と全国平均の70・5%よりも低い状況にとどまっており、大都 市と中小市町村でも格差が広がっていることが分かった。 近畿圏の普及率は次のとおり。  ▽大阪府90・4%(全国3位)                                ▽兵庫県89・7%(同4位)                    ▽京都府88・0%(同5位)                   ▽滋賀県82・2%(同7位)                 ▽奈良県69・8%(同14位)                 ▽福井県65・0%(同18位)                 ▽和歌山県16・0%(同46位)。   最も高いのは東京都の98・7%、最下位は徳島県の11・9%。   全国16の政令都市では、大阪市が100%(1位)、次いで京都市の99・1%(8位)、神戸市の98・ 5%(9位)、堺市の92・4%(14位)となっている。

2007年08月24日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2017 nikken-times.com All rights reserved.