日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

京都市伏見区総合庁舎整備等のPFI、ウェリア伏見と契約せず

再入札を経て2009年12月完成めざす 京都市文化市民局は、政令指定都市の区庁舎整備でPFI手法(BTO方式) を初めて導入する「伏見区総合庁舎整備等事業」で、ダイヤモンドリース (株)を代表者とする企業連合と仮契約を経て、今月17日から始まる市議会に 契約議案の提案を予定していたが、構成員である日本管財(株)の社員が競売 入札妨害の容疑で1日に逮捕されたため、市の規程に従って同社ら企業連合が 設立した「ウェリア伏見(株)」(SPC)と事業契約を締結せず、PFI手 法による再入札の実施を決めた。実施時期は未定。
※図=ダイヤモンドリース(株)らの新庁舎は幻に(完成予想図=酒蔵をイメージした外観) 同事業は現区役所敷地内北側約500?(鷹匠町)と北側隣接地(元宝酒造工場敷地)約7,150?の計約7,650? に伏見青少年活動センターを併設した総合庁舎を整備するもの。事業者選定にはPFI手法による総合評価一 般競争入札が適用され、今年2月に公募、3月に応募事業者からの参加表明と資格確認申請を受付けた。5月 にダイヤモンドリース(株)を代表者とする企業連合(構成員=(株)竹中工務店、(株)藤井組、(株)増 田組、日本管財(株)、協力会社=(株)松田平田設計、(株)高松伸建築設計事務所、(株)甲田工業所、 近建ビル管財(株))が入札書と提案書を提出した。 8月8日に開札され、63億4,623万9,125円で落札したダイヤモンドリース(株)を代表者とする企業連合をP FI事業者に決定した。提案書の内容についても、橋爪紳也大阪市立大学教授を委員長とする審査委員会が厳 正に選考している。提案内容は伏見の酒蔵と古都らしい白壁・格子をモチーフにした庁舎、区民の交流・活動 スペースなど総延べ約1万4,500?規模の施設を建設するというもので、事業締結後は2007年7月の着工、 2008年12月竣工というスケジュールだった。 ところが両者間で仮契約を経て、今月市会への契約議案の提案を予定していたところ、構成員である日本管財 (株)の社員が東京大学医学部付属病院の空調設備メンテナンス業務の入札に係わる競売入札妨害容疑で今月 1日に逮捕されたという事実が発覚した。市理財局調度課は代表者らに事情聴取を行い、事実を確認した。結 果、市の規程に従って同社ら企業連合が設立したウェリア伏見(株)と事業契約を締結せず、施設建設は白紙 に。市は今後、PFI手法による公募、再入札を経て、2009年12月の新庁舎完成をめざすという。
2006年11月13日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2017 nikken-times.com All rights reserved.