日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

大阪府「大阪府行財政改革プログラム(素案)」

2010年度目標に400億円縮減、建設事業費は50億円 大阪府はこのほど、「大阪府行財政改革プログラム(素案)」をとりまとめた。現行の 「行財政計画(案)」の取組期間中に実現を目指す新たな目標を設定したもの。2010年 度に赤字構造から脱却を目標に、建設事業の重点化・資産(ストック)の有効活用な ど、施策や組織の再構築などにより、現計画に加え概ね400億円を削減して財政構造の 建て直しを進めていくとしている。 財政状況が危機的な局面を迎える中、大阪府では、1996年度以降に行財政改革を進めて きたが、これまでの取り組みにより再建団体転落という当面の危機は回避、今回のプロ グラムは、さらに赤字構造からの脱却を目指し、次世代に負担を送らない持続可能な行 財政構造への転換を図るためにまとめられたもの。
プログラムの目標は、2010年度に単年度黒字を達成して赤字構造から脱却するため、同年度の一般財源ベース で概ね400億円の歳出抑制と府債残高の減少を図るもの。大阪の再生と再建を実現するため「アジアの中の大 阪」と「住む人が安心できる大阪」の2点を柱に7つの戦略的取組分野と五つの改革の視点から重点化を徹底 する。 改革の視点は、?持続可能な点検?民間の力を活かす?市長村と役割を分担?ストック(資産)を活かす?コ ストを最小化する―の5つ。 財政構造建て直しでは、一般事業と建設事業の施策を再構築。建設事業では、建設事業の重点化・資産(スト ック)の有効活用として、府債抑制の観点から事業の検証や休止を含め建設事業の重点化を徹底。施設の維持 管理補修等に配慮しつつも、建設事業全体のペースダウンを図る。 主な取り組みでは、建設事業費(事業費ベース)を2008年度時点で、今年度(約2,900億円)より1割程度縮 減。2010年度には50億円の削減を目指す。老朽化した府施設については、他の府有施設の有効活用の観点か ら、移転可能性についてを検討。 また、主要プロジェクトについては、府との関わり方や事業進捗等によるリスク内容の差異・変化を見極めな がら点検と評価を行い、工事完了の見通しが立つ事業については、出資者として事業主体の経営状況を点検し て、評価対象の見直しを行う。このほか、府庁新庁舎(行政棟・議会棟)については、機能や規模、耐震対 策、整備手法などを時期続き検討するとしている。 主要プロジェクトの点検は次の通り。 出資者としての点検 ▽津田サイエンスヒルズ(大阪府住宅供給公社) ▽西大阪延伸線(西大阪高速鉄道(株)) ▽中之島新線(中之島高速鉄道(株)) 評価により点検 ▽南河内・健康ふれあいの郷 ▽阪南港阪南二区整備事業 ▽国際文化後援都市シンボルゾーンの形成(国際文化公園都市(株)) ▽箕面北部丘陵整備事業(水と緑の健康都市) ▽南大阪湾岸整備事業(りんくうタウン) ▽阪南丘陵住宅地区開発事業(阪南スカイタウン) ▽国際文化公園都市モノレール(阪大病院以北) ▽大阪外環状線鉄道(大阪外環状鉄道(株))
2006年09月11日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.