日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► トピックス

大阪府立消防学校再整備、PFI総合評価一般競争で

大阪府立消防学校再整備等事業 大阪府では、PFI事業での実施を予定している「大阪府立消防学校再整備等事業」の実施方針を発表した。 既存施設の効率的かつ効果的な建替整備等を行うもので、事業は施設建設後に所有権を府に移転するBTO方 式。4月上旬に入札を公告、総合評価一般競争入札(WTOルール)により9月に落札者を決定する。事業期 間は2039年3月まで。なお現地見学会を2月15日に開催、申込は7日まで。 《大阪府、PFIの実施方針を発表 4月公告9月に決定》 府立消防学校の本館は建築後四十年を経過して老朽化が進んでいる上、近年ではNBCテロや地階・高層ビル 等の特殊災害に対する教育訓練、緊急業務の高度化に対処する救急救命士の再教育などの必要性が求められて いる。このため、現在の施設を再整備し、専門的かつ高度な教育訓練に対応する機能の充実を図ることを目的 に建替整備等をPFI手法により実施するもの。 計画では、大東市平野屋1−4−1の既存施設(敷地面積2万4,614.28?)にある本館(RC造3階、延べ 1,849.32?)や寮舎(RC造4階、同2,995.12?)はじめ建物や工作物を撤去し、新たに教育・管理機能施設 (延べ約4,100?)と宿泊機能施設(同約4,700?)、訓練機能施設(同約3,900?)を整備する。 事業は、特別目的会社(SPC)を設立して行い、事業者が施設の設計・建設後に所有権を府に移転するBT O方式。事業者は設計と工事監理、建設業務等の「施設整備業務」、施設の点検・保守、経常修繕等を行う 「維持管理業務」、建築・設備の更新等の「大規模修繕業務」、「食堂等運営業務」が事業範囲。 事業対価については、施設整備は月賦払いとし、維持管理は均等払い、大規模修繕はその都度に支払いとする ほか、食堂等運営は定額部分均等払いに加え、提案による利便施設・設備(売店、自販機等)は事業者の収入 としている。事業期間は、今年12月下旬に予定している契約締結後から2039年3月末までの30年間。07年から 設計・建設を実施し、09年4月に宿泊施設と教育・管理施設の一部、11年3月末に全ての引渡しを予定してい る。 主な入札参加資格は、単独企業かグループで、それぞれの業務に必要な資格を満たしていること。施設整備業 務うち、設計と工事監理業務の担当企業については、一級建築士事務所登録を行い、1996年4月1日以降に延 床面積3,800?以上かつ6階以上の学校等での業務実績を有すること。建設業務は、建築一式工事での大阪府 建設工事一般競争(特定調達)入札参加資格の認定を受け、同一式工事での経営事項審査の総合評定値が 1,200点以上で、96年4月1日以降に延床面積3,800?以上で6階以上の学校等の建築一式工事の完工実績を有 することとしている。 また、電気工事と管工事についても、建設業務と同規模工事での施工実績を有するほか、建築業務とともに、 財日本適合性認定協会又は同協会と相互認証する認定機関からISO9001の認証を取得していることなど。 今後は、3月上旬に特定事業の選定を行い、4月上旬に入札公告と入札説明書(予定価格含む)を公表、その 後入札説明会や質疑応答を経て7月中旬に入札書類を受付、9月に落札者を決定する。 《2月15日に現地説明会》 なお、現地見学会を15日に開催するとともに、実施方針に関する質問・意見を17日まで受け付ける。見学会へ の参加申込は7日まで。申込・問い合わせは大阪府建築都市部公共建築室特別建築課PFI・耐震グループま で電子メール(kokyokenchiku-go2@sbox.pref.osaka.lg.jp)で。

2006年02月07日
▌トピックス
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.