日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► 新着マーケット

米国株、第2次大戦後で最も短い調整局面か-下落率も2位の小ささ

2018年02月14日 20:20  ブルームバーグ
市場に戻ってきたように見える落ち着きがこのまま続くなら、今回の米国株下落は著しく小さな調整局面ということになる。 ビスポーク・インベストメント・グループの分析によると、S&P500種株価指数の1月下旬の高値ピークから2月8日の底値までの調整局面は1945年の後で最も期間が短く、下落率も小さい方から見て同率2位にすぎない。調整局面(10%超の下げ)の第2次大 モルガン・スタンレーや ゴールドマン・サックス・グループは再び買いで株式市場に戻るよう顧客に伝えている。一方、ノーベル経済学賞受賞者で 
>>続きを読む 〔ブルームバーグ〕
▌新着マーケットニュース
2018/05/22 14:20 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
過熱する石油株とテクノロジー株、乗るならどっち?
2018/05/22 14:20 会社四季報オンライン
非合理的な投資行動は市場心理改善の表れ?
◀前のマーケット一覧     次のマーケットニュース一覧〔2〕▶
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.