日刊建設新聞社.com
ニュース | トピックス | 建設業株一覧 | マーケット情報 | 建設用語辞典 | 倒産情報 | 地図 | 建設業法
 
トップページ► 新着マーケット

コラム:株暴落はイエレン氏の置き土産、底入れ目前か=木野内栄治氏

2018年02月13日 20:20  ロイター
前年は1万1704ドルまでの下落シナリオだったことに比べると、今回の株価下落に関する警戒度合いはかなりのタカ派と言える。 パウエル新FRB議長は、これまでの発言などからは銀行規制緩和派だと言える。しかし、実際に発表された条件がかなり厳しくなったことで、銀行規制緩和期待はいったん吹き飛んでしまった。結果、米国株式市場では銀行株が下落のけん引役の1つとなっている状況だ。 ただし、この厳しい条件は、決定段階で議長の座にあったイエレン氏の意向が強かったと思う。イエレン氏はTVインタビューに 
>>続きを読む 〔ロイター〕
▌新着マーケットニュース
2018/05/23 14:20 日本経済新聞
債券12時50分長期金利、0.045%に低下株安で買い
2018/05/22 20:20 日本経済新聞
ロンドン株、続伸0.19%高
◀前のマーケット一覧     次のマーケットニュース一覧〔2〕▶
| Operation | 利用規則 | プライバシーポリシー | Connect |
Copyright c 2018 nikken-times.com All rights reserved.